結婚指輪を手入れする|磨けば煌々と光が輝く指輪は魅力的

夫婦の証しの指輪

指輪

夫婦になった証しとして、結婚式の際に結婚指輪を互いに贈り合うカップルがたくさんいます。婚約指輪の場合は男性から女性にだけ贈られるのが普通ですので、女性の好みが最優先されます。プロポーズの小道具として婚約指輪が使われるケースも多いため、相手の女性に気に入ってもらえる華やかなデザインの指輪が選ばれることが多いです。しかし、結婚指輪の場合は少々事情が異なります。夫と妻の両方が日常的に身につけておくことが前提とされる指輪ですので、華やかすぎるものは敬遠されます。男性が指にはめていても違和感のないシンプルなデザインのものが好まれます。また、指にはめっぱなしにする人が多いため、はめ心地の良さも重視されます。具体的に言うと、石で怪我をすることがないように、石付きの結婚指輪は避けられる傾向が強いです。

結婚指輪と聞くと、全く同じデザインの物を夫と妻の両方がはめるという形を思い浮かべる人が多いですが、それが当たり前のことだったのは少し前までのことです。最近では、イメージに共通性はあるものの、デザインはバラバラの結婚指輪を選ぶカップルが増えてきています。全く同じデザインの指輪をはめることで夫婦としての一体感を感じられるようになるという人もいれば、互いに一番似合うデザインの指輪を贈り合うようにした方がより強く愛情を感じられるという人もいます。こうでなくてはならないという決まりのようなものがあるわけではありませんから、それぞれのカップルが最善と思える選択をすればよいです。具体的にどのような指輪を選べばよいのか全然思いつかないという人がたまにいますが、あらかじめ予約を入れておけば、宝飾店のスタッフがつきっきりで相談にのってくれます。